インプラント治療

様々なインプラント治療

骨の少ない方

骨移植や骨造成

これまでインプラントは、充分な骨の厚さと幅が無ければ、埋められない物とされてきました。しかし、現在では色々な材料の開発や、テクニックの進歩により、その様な部分に応用できるようになってまいりました。

骨移植とは、インプラント治療を行うにあたり、十分な骨の量が不足している患者様に対して、お口の中の他の場所から骨を採取し、それを足してあげる方法です。

骨造成:GBRは、英語では、Guided Bone Regeneration と書き、簡単に言うと、骨が足りない部分に 骨になるような物質を入れる事により、骨を作る技術です。
具体的には、骨の足りない部分を切開して、他の部分から採集してきた自分の骨や、骨様物質や、人工の骨の骨補填材を置き、その上にコラーゲンや、化学合成された皮膜をのっけて粘膜を閉じる事により、骨を作る技術です。

インプラントの傾斜埋入

傾斜埋入とは、インプラントを真っ直ぐ埋入できる骨の量が不足している時に、CT、レントゲン写真から得た情報により、骨がある部分を正確に把握し、斜めにインプラントを埋入する手術方法です。もともとあった骨に埋入するので、初期の安定性も良く、治療のストレスや待ち時間が短くて済みます。また、経済的負担も解消できます。

ショートインプラント

治療する歯の位置によっては、インプラントを埋入する高さ、幅が十分にとれないことがあります。その場合、通常は、骨量を増やす“骨移植”が必要になります。これは外科的な手術で、骨移植後の経過を見てインプラント治療に入るため、治療期間も長くなり、結果的に患者さんに負担を与えてしまいます。

ショートインプラントは、骨移植をせずにインプラント治療が可能です。より高度な治療技術が必要になりますが、短くても優れた固定機能を発揮します。 骨移植のリスクや経済的負担がないことが大きな魅力です。少しでも患者さんの負担を軽減する治療が望ましいと考えています。

総入れ歯の方

入れ歯から固定式へ

総入れ歯の患者さまから、「よく噛めない」、「うまくしゃべれない」「大きな笑顔で笑えない」など様々なご不満をよくお聞きします。総入れ歯の患者さまにとってインプラント治療をするメリットは大変大きなものですが、従来の方法では多くのインプラントが必要となり、手術回数が多く長い治療期間が必要となります。

しかも、長期間総入れ歯で過ごしてきた方は顎の骨が吸収されて、痩せてしまっておりますので、骨造成(骨を増やす治療法)が必要となり、費用も高額となってしまいます。当院で総入れ歯の患者さま、残っている歯がわずかな方におすすめする最新のインプラント治療が「All-on-4(オールオン4)」です。

ALL-ON-4(オールオン4)

インプラントを骨のある部分へ斜めに埋め入れます。インプラントにかかる力を広く均等に配分することにより、インプラントが骨と結合するために必要な骨の中での安定性を確保することができ、4本~6本のインプラントですべての人工歯を支えるのです。All-on-4(オールオン4)は、手術や費用の負担を必要最小限に抑えた新しいインプラント治療法として大変有効なものです

サージカルテンプレートで安全・確実な治療

CTスキャンデータを用いて、3Dシミュレーションソフト上でインプラントの埋め入れ位置を設計いたします。その設計データをもとにインプラント埋め入れガイド「サージカルテンプレート」を作製いたします。このガイドにはあらかじめシミュレーションで算出したインプラントの種類、入れる場所、角度などが正確に記録されております。

手術はこのサージカルテンプレートを歯肉に装着し、歯肉の一部分に小さな穴を開けて行う「無切開・無剥離で行うフラップレスインプラント術式」です。ほとんど歯肉を切らずにインプラントを埋め入れるため、傷を最小限に抑えることができます。術後の腫れや痛みを抑えることができ、回復も早まります。

治療の流れ

STEP1: レントゲン・CTを撮り、全体的な治療計画を立てます。お口の中の型を取り、かみ合わせを確認。ガイディットサージェリー用のサージカルステントを制作。手術後に装着する仮の歯をあらかじめ作製します。
STEP2: 抜歯が必要な場合は抜歯します。歯ぐきを切開してインプラントを埋め込みます。麻酔をしてから行うため、痛みは感じません。
STEP3: インプラントを埋め込んだ後は、しばらく休憩します。
STEP4: インプラントを埋め込んだ数時間後には仮の歯が装着できます。
注:STEP2からSTEP4までは1日で治療可能(お口の状態により、仮の歯の装着が手術翌日以降になる場合もあります)。
STEP5: インプラントの埋め込みから約3~6カ月後に、強度が高く、美しい仕上がりの最終ブリッジと交換します。
切らないインプラント治療

一般的な治療

  1. インプラント埋入予定部位の歯肉をメスで切開します。
  2. 歯肉を剥離して顎骨を完全に露出させてから専用ドリルで骨を削ります。
  3. インプラントを埋入して歯肉でふさぎ、縫合します。
  4. 数カ月後(インプラント体と骨がくっついた後)再度切開をし、二次オペに。

フラップレス術式:ガイディッドサージェリー

メスを使用しない無切開手術(フラップレス術式)のメリット

・メスを使用しないため出血が少なく、手術後の腫れや痛みも大幅に軽減できる。
・撮影とコンピュータ設計によって安全・確実に手術を行うことができる。
・手術時間が短縮され、来院回数も低減できる。
・メスで切開しないため、歯肉の治癒が早く審美性も向上する。
※ 無切開手術の必須条件(撮影, コンピュータ設計, テンプレート作製など)

ガイディッドサージェリーのメリット

・補綴修復の観点からのインプラントの検討が可能
・総合的な診査が行えて治療の安全性と予知性を向上
・複数の専門分野間の連携およびスムーズなコミュニケーションを促進
・治療法の評価および患者に対しての説明ツールとしての利用効果
・治療プロセス全体にわたるシームレスなワークフロー

一点の曇りもない健康を

治療が苦手な方

痛くないインプラント治療

患者さまの歯科治療に対するイメージは、「痛い、恐ろしい」などあまり良いものはありません。この点に関して、当院は、あらゆる局面において痛みをなくすように努力しています。

薬剤鎮静法は、吸入麻酔薬や、鎮静薬を投与し、その薬効により鎮静を得る方法です。特に、静脈内鎮静法は、点滴をし患者さまと会話しながら、安全に確認しながらかけてゆきます。手術が終わったころ、朝のめざめのような気分です。恐怖心の強い方などには、おすすめの方法です。当院では、経験豊富な麻酔科医が担当いたします。

静脈内鎮静法について

静脈内鎮静法は、患者様の精神的緊張や手術に関する恐怖感・不安感を和らげます。当院では、麻酔専門医が点滴をとり、鎮静剤を投与し、局所麻酔を併用します。これによりインプラント手術に対する 不安や痛みなどの精神的・身体的ストレスを無くすことが出来ます。

静脈内鎮静法とは

血圧や呼吸を監視しながら、点滴から少しずつお薬を入れます。 数分してお薬が効いてくると眠くなります。全身麻酔のように意識がなくなることはありません。「お口を開けてください」といったこちらからのお願いにも応じることができ、会話をすることも可能です。感じ方はそれぞれですが、うたた寝をしているような感覚です。

効果

不安や恐怖心が薄れ、リラックスして治療を受けることができます。
血圧や脈拍が安定します。処置中は自動血圧計などを使って、患者さんの状態を常に監視していますので、お体の病気が気がかりな方も安心して治療を受けることができます。
健忘(けんぼう)効果があるため、実際よりも処置時間が短く感じられます。処置を終えた患者さんからは、「もう終わったの?」、「気づいたら終わっていた」という声が聞かれることも少なくありません 。
通常の歯科治療と同じように、処置をする部分に対しては、痛み止めが必要ですが、それ自体を覚えていない方もいるほど、痛みも軽く楽に受けることができます。

よくある質問

インプラント治療を不安に思っている方

どんな治療法なの?

歯を失ったorこれから歯を失う場所の顎の骨の中に
歯根と同じ形態のインプラント体を埋め込むことで歯根と同じ役目をします。

インプラントの材質は?

当院ではノーベルバイオケアのインプラントを使用しています。
チタン製で「タイユナイト表面構造」により周囲組織との結合がしやすくなっています。

インプラント治療のメリットは?

これまでの様に入れ歯(義歯)やブリッジを入れると残された歯に力がかかり、その力で歯が将来弱り、また抜歯につながり、どんどん歯を失っていくことになります。インプラントは周囲の歯をいためないで失った部分を元に戻せ、以前と同じか、それ以上にしっかりかめるようになります。

治療は痛くないの?

医療事故は起きないの?事前に問診をして安全を確認します。また、麻酔科の先生と痛みや血圧などのコントロールを充分に行い、軽い眠りの状態で手術を進め、痛みはほとんど感じません。終了後、患者さん自身も痛みを覚えていないと誰もがおっしゃっていますので、安心して治療を受けてください。

将来問題は起こらないの?

もしインプラント治療後に問題が起こるとすれば、インプラントの破損(破折)とインプラント周囲炎が考えられます。破損に関しては普段歯ぎしりや食い縛りの強い方に起こりやすく、特に寝ているときに発生します。その方はナイトガードでカバーしてあげれば大丈夫です。又、インプラント周囲炎が起きないように歯周病治療と合せて管理とメンテナンスを行っていきますので安心して下さい。

お金はどのくらい?

普段の歯科診療とは大きく違います。それは患者さんの体にチタンの棒を埋めるのですから、当院はまず「安全」「確実」「安心」を目標にコンピューターによる3D解析やセデーション(静脈麻酔と体内コントロール・・・麻酔認定医の先生と協力)を行い患者さんサイドに立った治療方針を立てていますので、それに伴ったコストがかかりますのでご理解下さい。