インプラント治療

インプラント治療とは

インプラントとは

インプラントとは“植える”という意味で文字どおり歯の抜けた部分に人工歯根を植えつけて支柱とし、その上に支台部(歯を直接支える部分)と人工の歯をしっかり固定し、かみ合せを回復する方法です。

インプラントは生体親和性が高いチタンを用います。骨とチタンの結合はオッセオインテグレーションと呼ばれ、スウエーデンのブローネマルク教授が1952年に偶然発見し、13年に及ぶ研究を経て、1965年、初めて臨床応用され、世界中に広がりました。

今では150万人を超える患者様に適用され、有効性と安全性が十分に確認されています。
インプラント治療によって、見た目も自然で、天然の歯とほとんどかわらない感覚で、物を噛んだり、会話を楽しむことが出来ます。

歯を失うと

日常生活の健康を支えている歯は、口の中に見えている部分「歯冠」と、あごの骨の中に隠れていて見えない部分「歯根」からできています。歯周病や虫歯、事故などで歯を失うと機能面、審美面、生活面に大きく影響してしまいます。特に「歯根」を失った場合、次のような影響があります。

  • 抜けた歯の周りの骨が痩せる
  • 周りの歯が徐々に移動する
  • 噛む力が弱くなる
  • 顔の輪郭が変わり、表情が老けて見える

歯を失ったことが原因でお悩みになっている方はあなただけではありません。あなたのお悩みを解決するため、お考えになってはいかがでしょうか?

インプラント治療の流れ

Step.1

お困りの事やご要望をお聞きし、
インプラント治療について簡単にご説明します。

Step.2

口腔内写真、レントゲン、CTなどの
撮影をいたします。

Step.3

骨の状態を確認した後、
インプラント治療計画を立案いたします。

Step.4

治療計画・治療期間・治療費用をご説明し、
ご相談をいたします。

Step.5

ご希望にあった治療計画を選択して頂き、治療に入ります。

笑顔は「隠さない」で「魅せる」もの

みなさんの声

治療後の感想

実際に当院でインプラント治療を行った患者さまの声です。

Sさん 60代 女性

私は2007年7月から長年放置しておいた歯の治療を始め、2009年4月に左下奥歯1本欠落以外治療を完了いたしました。欠落している歯は2年前にインプラント手術を勧められました。しかし、手術中、手術後のリスクを考え決断できませんでした。今年の4月再度先生からCT撮影のデータをもとにコンピューター診断をし確実な医療システムを導入しておりますとの説明がありこの段階でリスクをクリアできなければ手術を諦めようと考えCT撮影診断を受けました。

細部にわたる診断の結果、先生の快諾を得られ手術をきめました。手術2日前から準備に入りいよいよ手術当日となりました。術前に説明があり安心したつもりですが、多少の不安は払拭できません。手術室に入り静脈内鎮静法による点滴を始めるとほぼ無痛の状態で手術が進められ終了したときには何の苦痛もないことに驚きました。出血もほとんどなく、しばらくして帰宅し腫れ、痛み、出血などについて用心しておりましたが1晩が過ぎ2日、3日と経過しても術後の出血、痛み、腫れは出ませんでしたので、痛み止めの薬は全く服用しないで済みました。

2年遅れてはしまいましたが手術をして本当に良かったと感謝しております。これも先生の技術力とスタッフ一同のチームワークを大切にしてこそ医療も進歩し成功が顕著になったと思います。私のようにインプラントを考えつつも不安が取り去れない方がいらっしゃいましたら先生にご相談されてみてはいかがでしょう。申すまでもなく健やかな歯は健康維持の入り口です。

Kさん 50代 女性

私は左下の欠損部位1本をインプラント治療を行いました。私の場合はまず骨の再生治療を行い、CT撮影、パノラマ写真のデータをもとにインプラント埋入シミュレーションを見せていただき、より安全で確実な手術だと説明を受け安心しました。

手術当日、私自身先生方を信頼していましたのであまり緊張はしていませんでしたが、先生や麻酔科のドクター、スタッフの方々が緊張を取り除いて下さいました。静脈内鎮静法による点滴が始まると2~3分で睡眠状態になり、無痛の状態で40分くらいの手術が行われましたが目が覚めた時にはもう終わっていました。

術後の腫れや痛みが心配でしたが、何の症状も出ず本当に先生やスタッフのみなさんには感謝しています。先生の技術力・信頼…その後のフォローなどを含めますと安心して受けられます。一生付き合っていかなければならない歯ですので迷っている方、相談してみてはいかがですか?

Mさん 60代 男性

定期的な歯のケアをして頂いていた4月のある日、私の歯に異常が見つかったらしい。いつもお世話になっているN衛生士さんの報告で渡辺先生「奥歯は残念ながら後1年くらいですね。この場合の対処方法は……」と歯の状況と処置法、そしてそれぞれの費用についていくつか説明して下さった。そして「それは患者さんの選択次第ですから、少しゆっくり考えてみて下さい。ベストの方法といえばインプラントですが……」と言われた。私としても瞬間フームと考えてしまった。

ベストの方法は分ったけどお金もかかるしなー。インプラントは知人も以前にやっておりかなりキツイ体験をしたことを聞いていたが、先生やNさんの説明によると最近は技術的な進歩が著しく患者の負担は相当軽減されている。今までは歯ぐきを切開してネジを埋めて縫合して、と結構大変だったようだが今はぽこっと穴をあけクリクリっとネジを入れてそれでおしまい。(個人差によりポコッ、クリクリッで済まない人もいるかもしれないが)麻酔の専門家がきちんとした麻酔をするので痛みはほとんどわからない、とのことだった。

そうと聞いたら、親知らずの抜歯で1週間も入院したあのつらさを思えば楽勝か?でもなー費用もそれなりにかかるし、どうすんべー。と迷った1週間。入れ歯で死ぬ迄苦労した両親のことを思ったり、健康な歯には健康な心と体が宿ると悟ってみたり、ウジウジ。そして結果、車はあと2年今のまま。もう1本やるときは4年間今のまま走る。そのうちプリウスも安くなるかもー。と決断した次第。

手術日が決められてから、決められたスケジュールで術前の検査や手当をし、そして手術当日を迎えた。先生をはじめスタッフの人たちが緊張しないよう誘導してくださり、大学から来られた歯科専門の麻酔科の先生の親切な説明を聞いているうちにかしこまった気持ちがほぐれてきて結構リラックスしていた。

いよいよ手術が始まったが、麻酔の点滴を始めたことは覚えているが本当に何をどうされたのかさっぱり覚えておらず「無事終わりましたよ」との先生の声でハッと目が覚めた。口が開きにくくなるわけでもなく、シビレルわけでもなく本当に手術したの?という感じ。でも、麻酔が完全に切れたらちょっとは痛いだろうなと思ったが、時間がたっても何の感覚もない。

一体どうなっているのだろうと夕方恐る恐る鏡を見たら、今迄に存在しなかったチタンの頭がポコンとあった。今、術後1週間経過したが全く何も変わらず、軟らかいものはそのポコンで食べてもいいとお許しがあり万事マイペースに戻っているようだ。信頼できるスタッフがいて安心して良い方にトライできたことはとても良かったと思う。

Oさん 50代 男性

右下に2本インプラントを埋入しました。外科処置と聞いていたので痛みなどの心配で緊張していましたが、実際処置が終了してみると痛みも腫れもなく、とても簡単な治療でホッとしました。この治療方法なら友人などにも勧められると思います。

Oさん 80代 男性

私は今まで、医者とは縁のない生活を送って参りました。今回、初めて上下前歯の治療をすることとなりました。今の歯の状況では、下の歯が長く持たないとの説明があり、治療方法は、奥歯2本にインプラント治療を行うのが良いとの診断を受けました。すぐに手術の準備に入り、手術日は4月15日に決まりました。

手術当日は、午後から手術室に入りました。「年齢よりお若いですね」という麻酔科の先生との会話以降のことは、全く覚えておりません。「終わりましたよ」という言葉で目が覚めました。手術後、痛みは全く感じませんでした。現在手術から約一カ月が経ちましたが、手術前となんら変わらぬ生活をしております。

人生は時間が限られております。残り少ない人生を希望に燃え、前向きに、社会のために少しでも役に立てるような生き方をして、有意義に過ごしていきたいと思っております。そのように生きていくことで、85歳でインプラント治療した意義を見いだせるのではないかと思っております。今回の治療に携わっていただいた先生をはじめ、スタッフの皆様方に心より感謝申し上げます。