虫歯治療

本当は怖い虫歯

口腔は、消化管の最前端であり、歯は咀嚼するための一番目の器官です。つまり、しっかりと噛むことで、食べ物の消化を助け、栄養の吸収をよくするのです。歯性病巣感染とは虫歯や歯周病が原因で細菌性の炎症が、遠隔の臓器に二次感染を起こすこというものです。細菌性心内膜炎のほとんどは、口腔内の細菌が原因といわれます。たかが「虫歯」と軽視してしまうと、体全体に大きな影響を及ぼしてしまうことが実際にあるのです。
虫歯、または歯周病と関係が深いと言われる疾患は下記のとおりです。

● 誤嚥性肺炎      ● 糖尿病      ● 肥満・ 動脈硬化      ● 認知症      ● 心疾患      ● 早 産

虫歯の原因

1. 歯 垢(プラーク)

口の中に砂糖などが残っていると、水に溶けない粘着性のグルカンという物質ができます。
グルカンは、ミュータンス菌などが砂糖などを食べることで発生させます。
グルカンは歯にこびりつき、様々な細菌を引き寄せて歯垢を作ります。
歯垢は糖分やでんぷんを分解し、酸を発生させ、歯の表面を溶かします。

2. 甘い食べ物

ミュータンス菌などの細菌は、糖分を食べ乳酸を発生させます。
乳酸が歯垢の中にたまると、歯のミネラル(カルシウムなど)を溶かします。
甘いものが好きな人は、口内の細菌が活性化します。

3. 歯の性質

人それぞれ、歯の質や歯並びは異なります。
歯が酸で溶けやすかったり、歯並びが悪く歯垢がたまりやすかったり・・・
これらの要因は、むし歯のリスクを高めます。

4. 時 間

歯に歯垢がついている時間が長いほど、むし歯になる確率は高くなります。
飲食するたびに歯の表面は酸性になるので、間食が多い人はむし歯になりやすいと言えます。
3食しっかり食べて、なるべく間食しないことが大切です。

セルフケアとプロフェッショナルケア

虫歯をきちんと予防して健康な歯を維持するには、セルフケアとプロフェッショナルケアの両方が欠かせません。

日々のセルフケア(自分で毎日、歯や口の中をきれいに清掃すること)で、虫歯になりにくい環境作りを維持することが重要です。 そして、歯科医院において3~6ヶ月毎に定期健診を受け、虫歯リスクの判定やブラッシングの指導など、一人ひとりに合った適切な指導を受けることが必要となります。プロフェッショナルケア(専門的歯面清掃や歯石除去)も欠かせません。

当院では、人それぞれに異なる虫歯になりやすい環境(歯並びや生活習慣など)とリスクをきちんと見極め、ひとりひとりにあった虫歯予防をさまざまな角度から提案しています。

musiba_image_001