Pediatric Correction

小児矯正

小児矯正について

小児矯正は大きく分けて2段階の治療になります。

顎の骨のバランス・大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と、永久歯が生え揃い、顎の成長が終わってから歯の位置を整える「2期治療(歯列矯正)」がそれぞれの段階にあたります。

1期治療

1段階目となる1期治療は、顎の骨がまだ軟らかく、これから成長していくお子様だからこそ可能な治療です。成長過程である程度コントロールしながら矯正を行うことができます。
この段階で永久歯がきちんと並ぶ土台を作ることで、次の段階での矯正治療をかんたんなものにしたり、あるいは必要がなくなるようなケースもございます。

2期治療

2段階目となる2期治療では、ワイヤーやブラケットなどによる矯正を行います。
1期治療を行っていない場合は、顎の成長が終わってしまって時間がかかったり、歯を抜いたりする場合もございます。
矯正治療が終了したら、保定装置(リテーナー)によって「後戻り」を防ぎ、定期的に歯の状況を確認させていただきます。